×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


髪のトラブルは病院へ!


頭皮治療薬の研究開発 頭皮の改善に関する医療技術は、日進月歩で進歩しています。

特に、AGA(男性型脱毛症)に有効な優れた治療薬としてミノキシジル系の治療薬「リアップ(外用薬)」と フェナステリド

系治療薬「プロペシア(内服薬)」といった薬品が開発され
、髪のトラブルは皮膚科などが処方する頭皮治療薬で治せる時代になりました。

国内では毛髪再生医療機関中央クリニック(新宿院・上野院)及びヘアメディカル等の頭髪治療専門病院が、東京、名古屋、大阪、福岡などを中心に治療活動を行っています。

しかし、関東や関西、九州にあるこれらの病院と遠隔の地にある方は、治療費 + 往復に要する貴重な時間 + 交通費に躊躇されているのではないでしょうか?

全国のAGA治療病院-日本地図 でもご安心下さい。

身近の病院(皮膚科など)で頭皮治療を行っているところが全国には沢山あります。

AGA、抜け毛、薄毛といっても、その発症原因は一人ひとり異なります。

やはり一度身近な病院(皮膚科)で治療を受け、症状に合った治療を受けられることをお奨めします。


【地図をクリックして全国ブロック別クリニックの頁へ】



発毛治療の種別と効果


頭皮治療と病院 抜け毛や薄毛は治らないものとか病院に行くのが恥ずかしいなどと思ったことはありませんか。

今は優れた二つの治療薬(フェナステリド系、ミノキシジル系)が開発されていて、治療効果が期待できるのでまず一歩を踏み出しましょう。


これらの治療薬を用いた発毛治療は、一般的にはいわゆる「保存的療法」といわれ皮膚にメスを入れない治療で、体内のホルモン やサイトカイン(生理活性物質)に作用する

治療法です。

また、高い発毛効果が期待される「HARG療法」は、経口薬プロペシアと外用薬ミノキシジルの塗布に加えて毛髪再生の有効成分を ダイレクトに頭皮に与えるもので、他の

治療との比較で効果が早く現われるといわれています。

一般的な発毛治療の効果は脱毛の原因によって差があり、もちろん個人差もありますが、多くの場合6ヶ月 ほどで発毛(改善)の兆候が見られるといいます。

一方、HARG療法を採用する毛髪再生医療機関中央クリニック(新宿院・上野院)では、早くて3ヶ月ほどで発毛(改善)の兆候が 見られるといい、「AGA治療なら確実に髪が生える」とまで言いきっています。

悩んでいるよりも「AGA治療なら確実に髪が生える」と言っているこの病院の診察を受けてみるのも一考です。

当節は難しい問題があり、ここまで言い切れる病院はそんなにありませんよね^^;

それに、今より若いときはありません!先延ばしは頭皮環境を悪化させ、治りにくくなるばかりです;~~

・・・⇒ HARG療法の 毛髪再生医療機関中央クリニックのホームページ


いずれにしても脱毛症や薄毛は、遺伝的素因・男性ホルモン・ストレス・老化などさまざまな要因があるといわれています。

脱毛症を発症する要因として上位にあげられる食生活や生活習慣の乱れは、髪の毛の成長にも悪影響を及ぼすことから、バランス の良い食事、不摂生な生活の改善が是非とも必要です。

AGA治療の心得


HARG療法と医師 効果的なAGA治療のためには、一人ひとりの髪の症状に合ったアドバイスをもらえる病院が最適なのはいうまでもありません。

現在では、医薬品で飲むAGA治療薬(フェナステリド「商品名:プロペシア」)の発売に伴い、「医療機関でのAGA治療」が 相当程度進歩しているといわれています。

このAGA治療薬「プロペシア」は、医師の指導の下で飲む薬(内服薬)です。

飲む時間や回数を変えてしまうと、本来の効果を発揮できないだけではなく、副作用の原因につながることもあります ので医師の指導のもとに服用します。

男性のAGA治療にはプロペシアが有効ですが、ミノキシジル系の治療薬(外用薬)も有効で、この二つの治療薬は別々に使用するよりは、 一緒に用いる方が効果が大きいのです。

一般の病院で治療を受けようとする場合は、この二つの治療薬を同時に使用するかどうかを確認しましょう。

というのも、ミノキシジル系の薬はAGAの進行を現状で維持する働きがあり、フェナステリド「商品名:プロペシア」は 発毛を促す働きがあるといわれています。


ただし、女性、子供はフェナステリド「商品名:プロペシア」は服用できません!!詳しくは、 プロペシアの特徴と副作用のページをご覧ください。


ハゲの原因


「ハゲ」は治らないと言われた時代もありました。
いまでは男性型脱毛症でさえ治療で改善される症状です!

※ AGA(男性型脱毛症) = Androgenetic Alopeciaの略称

◆ AGAの特異的な脱毛パターン
AGAには特異的な脱毛パターンがあり、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなっていき、薄毛が進行していきます。

このような髪の毛の変化は、20代前後から始まって35歳までには、約40%の男女に何らかの脱毛の症状が現れます。

発症年齢や進行の程度には個人差があり、早い人では10代で症状が現れるケースもあります。

AGAの原因の1つ遺伝のdna ◆ AGAの原因
AGAは、一般的に「遺伝」と「男性ホルモンの影響」から起こると考えられています。

その他の理由としてヘアサイクルの乱れも考えられています。

私たちの髪は、「ヘアサイクル」に基づき、毎日少しずつ成長しています。

AGAはこのヘアサイクルが崩れることによって起こってしまいますが、乱れたヘアサイクルは、皮膚科などの治療で症状が改善されます。

◆ 円形脱毛症の原因
円形脱毛症はAGAと異なり、毛根周囲でリンパ球などの炎症細胞の浸潤が起こっているということが明らかに なっていますが、その原因は免疫異常や感染のほか、

たくさんの方が経験している精神的なストレスなどにより発症しますが、病院で治療して治る症状です。


 内外の頭皮事情!!

日本人の薄毛で悩む人口は、推定で1300万人いるといわれています。


最近の国の統計では20歳以上の人口が10,433万人、成人人口のおよそ12.5パーセントの方が髪で悩んでいることになります。


外国でも多くの人がハゲや抜け毛、薄毛などで悩んでいます。人口に占める割合は我が国よりも多いのではないかといわれています。


日本でのハゲ対策といえば、アメリカFDA(米国食品医薬局)が承認しているミノキシジルやフィナステリドを用いた治療が主流となっています。


アメリカから輸入

もちろんアメリカでも今のところ育毛に有用な薬品はこの二つといわれていますので、これらを含有した薬品を使用した治療が行われています。


アメリカでは、患者自身の頭皮の組織を髪の薄い部分に移植をする手術によって髪を再生する、いわゆる自毛移植技術が進んでいます。


植毛手術というのは、後頭部の皮膚の一部を切除し、そこにある毛根を薄くなっている部分に移植する育毛手術です。

日本でも形成外科などで行われていますが、植毛手術の先進国アメリカでは、日本より20年も早くこの手術方法が確立されていました。


世界各国で行われている植毛も、年間225,800件(男性8割強、女性1割強)も行われているそうです。


真偽のほどは定かではありませんが、ある学者の著書に、自毛植毛術は82.5%以上の高い生着率が得られたと述べられています。


臓器移植などでも知られているように、人は体内に異物が入ると拒絶反応がでて移植はなかなか難しいのですが、火傷などでは自分の皮膚移植はかなりの確率で成功しているように、患者自身の頭皮移植による育毛は期待できるのかもしれません。


しかし、課題は1回当たりの手術にかかる経費が高額であること、拒絶反応が出る患者もあることなどのようです。


日本での植毛については、日本皮膚科学会男性型脱毛症診療ガイドラインで、自毛植毛に限定し十分な経験と技術を有する医師が行う場合に限り推奨度B(勧められる)とお墨付きです。


最近、アメリカでは、FDAが発毛効果を期待できるものとして低レベルレーザーを承認したとの情報があります。


どの程度の効果が得られるのか詳しい情報がまだありませんが、より効果的でより低廉な価格で育毛効果が実感できるのであれば喜ばしいことです。




Copyright © 頭皮治療は身近の病院でも!? All rights reserved